月別アーカイブ: 4月 2012

中京民商ブロック別学習・相談会開催

 中京民主商工会は、4月9・10日と3つのブロックに分けて「消費税増税阻止運動推進・中京民商ブロック別会議」を開催しました。

 はじめに、野田首相は「政治活動の集大成として消費税増税法案を成立させる」と述べていることが紹介され、長年の間消費税増税阻止運動をつづきてきた私たちにとっても集大成としてこれをつぶさなければならない。 いま私たちに問われているのは、「商売をつぶされるか野田政権をつぶすか」です、と報告されました。
 具体的運動を実践していく上で、マスコミなどで流布されている消費税増税不可避論が全くのデタラメであることを「消費税のカラクリを暴く①~④」ビラを使って学びました。
※カラクリビラ紹介
「カラクリ①」
中小業者にとっての営業破壊税
「カラクリ②」
労働者にとって雇用破壊税
「カラクリ③」
大企業にとって輸出補助金
「カラクリ④」
消費税は財政再建につながらない
 
「ストップ!消費税増税・中京の会」の運動の中核を担って
 税金の民商の本領発揮の運動ととらえ、1000名意見ポスターでは、400名の賛同を集めること、消費税増税反対1点での新署名のとりくみ、四月十八日、二二日、六月十日の学習会、集会の多数参加での成功などが呼びかけられました。
 参加者からは、「民商に入っているから一般マスコミでは伝えられないことを知れる」「その内容を伝える商工新聞を増やさなあかん」など、積極的な意見が交流されました。
 
 この会議の前段には、共済会からの訴えが行なわれました。
 「全商連共済会は集めた分の8割を給付で返している。お金儲けではなく、助け合いの制度です」と共済会の制度などを学びました。

広告

ストップ!消費税増税・中京の会

「ストップ!消費税増税・中京の会」が発足され、ブログが立ち上がりました。

こんな不景気のときに消費税増税なんてとんでもない!

増税阻止の運動にご協力お願いします。

http://stopshohizei.seesaa.net/

事業主は「雇ったら入る!」

労働保険(労災や雇用保険)
入らないと罰則!!

 正規の従業員を1人以上使用する事業所は労働保険(労災保険と雇用保険)に加入する必要があります。もしも加入しないまま事故が起きた際には事業主へのペナルティが厳しくなりました。
 中京民商・中京料飲組合では厚生労働大臣の認可を受け、労働保険事務組合をつくり、事業主の委託を受けて、事業主が行うべき労働保険の事務の手続きをおこなっています。

民商の労働保険の3つの利点

①事業主や家族従事者なども、労災保険に特別に加入できます。
 →事業主も安心☆

②労働保険料の申告・納付等を事業主に代わって処理します。
 →事務の手間が省けます☆☆

③事務組合なら、労働保険料を3期に分けて納付することが出来ます。
 →一括納付の負担が軽減されます☆☆☆

まだ労働保険に加入されていない方は、
すみやかに加入して下さい。←今すぐ中京民商へお電話を!075-231-0101

※労災保険とは
…仕事中・通勤途中のケガや疾病(仕事が原因)によって、治療や休業をしなければいけなくなったときに治療費や休業補償を行なう保険(保険料は事業主負担)
※雇用保険とは
…労働者が失業した場合、次の就職先が決まるまでの生活を保障するための保険(事業主と従業員とで折半)