月別アーカイブ: 7月 2018

映画祭のご案内

中京民商も参加している中京平和映画祭2018実行委員会主催の「中京平和祭2018」が8月31日(金)に開催されます。時間は午後6時45分~午後8時45分、上映されるのは「ひまわり~ 沖縄は忘れない あの日の空を~」です。会場は、こども未来館4階第一研修室で、参加協力費として500円頂きます。(小・中学生無料)

今年はとても暑い夏です。映画を観て涼みながら平和について一緒に考えましょう。

ひまわり

広告

「大門ゼミ」~消費税編のお知らせ

 中京民商も加わる「ストップ!消費税増税・中京の会」は、9月5日(水)午後7時からラボール京都にて、大門みきし参院議員を招いての消費税学習会を計画しています。「政治経済キホンのキ!」として好評な「大門ゼミ」の消費税編として行います。

 「消費税はどういう税金?」「財政危機だから増税は仕方ない?」「社会保障の財源はどうするの?」
「『軽減税率』・インボイスって?」「『輸出戻し税』って何のこと?」等々、消費税をめぐるあらゆる疑問に明快に答えていただけるものと思います。

 しっかり学んで、この秋以降の消費税増税中止の運動の力にしましょう!

大門みきし講演会(2018)

ストップ!消費税10% 街頭宣伝のお知らせ

 安倍政権は、6月に決定した「骨太の方針」で、2019年10月から消費税率を10%に引き上げる方針を確認しました。10%への引き上げは日本経済と国民生活に大打撃を与えることは必至です。また、10%と同時に一部商品の税率を8%に据え置く「軽減税率」が導入されますが、線引きのややこしさをめぐって大混乱になることが予想されています。

 消費税10%はこれまで2回も延期に追い込まれています。2015年10月から予定されていた消費税10%については、安倍首相が前年の11月に延期の判断を下しました。まだ間に合います。「消費税増税はキッパリ中止しろ!」の声を大きく上げていきましょう。

IMG_4790

 

事務局員交流会に参加

毎日の更新を楽しみにして頂いてた皆さん、24日・25日は更新がなくすみませんでした!事務局員は2日間「全商連 第29回事務局員交流会」に参加していました。中部・関西会場となった神戸に247民商106人が集まりました。

記念講演では上脇博之さん(神戸学院大学法学部教授・憲法学)が「今後の憲法政治の展望と民商・全商連運動への期待」をテーマに講演、パネルディスカッションでは3つの民商の事務局長が発言しました。

2日目には分散会で各自の拡大運動の取組みや総会方針を討議して交流を深めました。

F4F67D74-3F6F-42DC-A403-83C107F5F178

8月の領収書整理会のお知らせ

 今年もすでに後半に差し掛かっていますが、日々の記帳は順調に進んでいるでしょうか?

 自分で帳簿をつけて、売り上げ、仕入れ、経費の状況を系統的につかむことができれば、景気やお客の流れを敏感につかみ、ムダな経費の削減、商品の適切な管理、商品メニューの開発など、経営改善に役立てることができます。

 このことは、資金繰り対策や補助金獲得、金融機関との交渉にも力を発揮します。民商では、初めての人でもきちんと帳簿がつけられるように、事業者の立場から、みんなでサポートします。

 中京民商では、毎月第3火曜日に領収書整理会をやっています。どなたでもご参加できますので、ぜひ1度足を運んでみてください。

※8月は都合により夜の部は開催しません。昼の部のみの開催となりますので、ご注意下さい。

領収書整理会(2018年)

国保料の減免申請は7月末までに!

 今年度の京都市国民健康保険料は、昨年の所得によって決められます。ただでさえ高い国保料ですが、昨年に比べて今年の収入が大きく減るようなことになると、その負担は耐え難いものになってしまいます。京都市には、今年の所得が昨年に比べて減少する見通しであれば、申請により保険料を減免するという条例があります。申請には、最近3か月分(2年連続で申請する場合は6ヶ月分)の収支の状況を計算しておく必要があります。
 年間の保険料(第1期分から第10期分)の全体を減免の対象とするためには、第2期の納期限(2018年7月31日(火))までの申請が必要です。8月1日以降も減免申請は可能ですが、減額できる保険料額が少なくなりますのでご注意下さい。
 中京民商が開催する減免相談会は終了しましたが、随時相談を受け付けます。減免を申請したいという方は、お電話で予約してください。
IMG_4884

全国業者青年交流会、第15回の開催地は福岡!

全商連青年部協議会が主催する「第15回全国業者青年交流会」が、9月23日(日)・24日(月)に福岡県北九州市で開催されます。

全国業者青年交流会は2年に1度行われ京都からも多くの青年業者が参加しています。今年の特徴は、1日目に11個の分科会があることです。

①補助金・融資獲得に生きる事業計画づくり、②Lady Cafe(女性の分科会)、③税務調査対応、消費税・複数税率・インボイス、④名刺を使った営業スキルアップ、➄従業員教育と人材不足対応、⑥事業承継、⑦広告・SNS、⑧青年部づくり・活動、⑨地域とつながるイベントづくり、⑩保育、子育て、⑪移動分科会・北九州市スタートアップ支援の取組み

と、どの分科会も商売に大切なものばかりです。福岡県は全国でも有数の開業率の高さを誇る県であり、日本で初めてスタートアップに特化した融資制度を創設しました。

京商連青年部協議会では、9月にプレ企画を予定しています。「青年業者という歳ではないよ」という方でも参加できますので、お気軽にお問い合わせください!中京民商(075-231-0101)

青年部交流会青年部交流会2