消費税・新型コロナ不況打開。消費税はゼロへ!~消費税5%に戻せ!京都デモに参加しよう

「消費税5%に戻せ!京都デモ」は、久保田憲一さん(京商連会長)、福山和人さん(弁護士)、松尾匡さん(立命館大学教授)など10人が呼びかけ人となり、昨年10月、消費税は廃止を目指し当面せめて5%に減税を、の一致点でスタートしました。

昨年10月の消費税10%実施強行により、日本経済はリーマン・ショック時に匹敵する大打撃を受けています。昨年10-12月期の実質GDPは年率換算で7.1%のマイナスとなりました。こうした景気悪化に新型コロナウィルスの拡大が追い討ちを掛けて、日本経済はきわめて深刻な事態に陥りつつあります。中小業者の経営危機も広がっています。こうした中で、景気対策として有効な消費税減税の要求はますます重要さを増しています。自民党の中からも当面消費税ゼロを要求する声があがっています。

消費税10%から半年、消費税導入から31年となる4月1日(水)、午後6時半に京都市役所前に集合してのデモ行進が行なわれます。

消費税10%・新型コロナによる危機的状況を打開するため、今こそ「消費税はゼロへ!」の声を上げましょう。応能負担の原則で、公正な税制を!

5%に戻せデモ・ポスター

消費税10%・新型コロナによる経営危機打開へ消費税5%署名を広げよう

リーマン・ショックに匹敵する大打撃

消費税10%実施強行により、日本経済はリーマン・ショック時に匹敵する大打撃を受けています。昨年10-12月期の実質GDPは年率換算で7.1%のマイナスとなりました。こうした景気悪化に新型コロナウィルスの拡大が追い討ちを掛けて、日本経済はきわめて深刻な事態に陥りつつあります。中小業者の経営危機も広がっています。こうした中で、景気対策として有効な消費税減税の要求はますます重要さを増しています。

 

党派を超えて広がる消費税減税の声

これまで消費税の減税・廃止を掲げてきた日本共産党、れいわ新選組に加えて、国民民主党も景気対策として消費税の4~5%の減税を検討する方針を明らかにしました。立憲民主党の国会議員の間にも、消費税減税を求める声が広がっています。また、自民党の中からも、消費税の5%以上の減税を求める声があがっています。危機打開へ、消費税減税の運動を広げていきましょう。

全商連が呼びかけている「消費税率を5%に引き下げ複数税率・インボイス制度の即時廃止を求める請願」署名を集めましょう。

図1

加入者を増やして助け合いの輪を広げよう~共済部会を開催

3月16日(月)、中京民商事務所2階において、社会保障・共済・文化厚生部会が開催され、山本英之副会長、長野幸政理事(西ノ京支部)、畑宏治理事(朱七支部)が参加しました。

メモ帳活用し加入促進

会議では、京商連共済会が作成したメモ帳(民商共済会の魅力を説明したもの)の活用について、各支部に未加入者名簿をつけて卸し、加入促進の活動に生かしていこう、ということになりました。

また、共済担当者が決まっていない支部が多いので、5~6月に開催される各支部の総会で、共済担当者を決めるように呼びかけていくことにもなりました。

 

春の歩こう会も相談

歩こう会については、「バスに乗って高雄・高山寺へ」「今こそ空いている世界遺産へ」「深泥ヶ池を歩いて一周」などの案が出ました。次回4月17日(金)の共済部会(午後7時半~中京民商にて)で正式に決定することになりました。

image0

共済で 助け合えるよ 月1000円

会費は前納制で月1,000円。民商会員とその配偶者は無条件で加入できます。

  • 入院見舞金(連続3日以上) 1日3,000円
  • 安静加療見舞金 1年1回5,000円
  • 結婚祝金 20,000円
  • 出産祝金 20,000円
  • 死亡弔慰金 20万円
  • 火災見舞金 全焼10万円、全焼以外5万円  など

* 詳しくはパンフレットをご請求ください。

中京民商共済会での取り組み

日曜健診 日曜日に健康診断ができる診療所で行います。

大腸がん健診 簡単な検査キットを使います。無料です。

歩こう会 春と秋に実施。程よい距離を楽しく歩きます。

物足りない人向けの健脚コースも設定してます。

* 共済加入者には健診の交通費や歩こう会の参加費の補助があります。

 

 

新型コロナによる経営危機打開へ ~支援拡充、消費税減税を

感染拡大で広がる混乱

新型コロナウィルスによる肺炎の拡大で、世界中で深刻な影響が出ています。WHOは新型コロナについて「死亡率は年齢とともに増加し、80代以上で最も高い死亡率を示す」とし、高齢者が重症化する危険性について指摘しています。

日本でも被害が拡大しています。安倍政権は2月25日、「これから1~2週間が急速な拡大に進むか収束できるかの瀬戸際」として感染拡大を押さえる基本方針を発表、安倍首相は26日にはイベントの中止要請、27日には全国の小・中・高校の臨時休校の要請を行いました。

 

インバウンド偏重でなく地域循環型の経済を

2月以降、京都の観光客も激減しました。錦市場や二条城など、多くの観光客で混雑していた中京区内の各所も人通りはまばらになっています。観光・インバウンド一辺倒の政策の危うさが露呈しました。地域循環型経済社会をつくっていく重要性が鮮明になったといえます。

 

中京民商会員にも大きな影響

2月半ば以降、とにかく大人数で集まることを避けようという自粛ムードが広がっています。河原町や木屋町など繁華街の人通りは大きく減り、飲食店では団体客のキャンセルが相次いでいます。

四条大宮近くでカフェを営むKさんは「消費税が10%になってから客が減ったと感じていたが、2月以降は激減した。親の介護もあり数年以内には閉店かなと考えていたが、これを機に閉店する決意をした」といいます。

四条烏丸近くで美容室を営むMさんは「電車やバスに乗って朝一番に来ていた高齢のお客さんがぱったり来なくなった。女性会社員のお客さんも会社から人ごみに行くなといわれているようで減っている。収入は通常の3割減」といいます。

二条城近くで着物着付け教室・着物丸洗いを営むIさんは「卒業式などが中止になるケースが多く、着付けの予約が減っている。春は着物クリーニングの売上が多い季節だが、今年は大きく減ってしまうのでは」と心配しています。

IMG_6295

直接支援と消費税減税を

京都府・京都市が「緊急対策融資」制度を創設したほか、政府は実質無利子・無担保の貸付を表明しています(政策金融公庫の融資制度で実施。利子部分を国が補助)。融資条件の緩和に加えて、固定費(家賃、固定資産税、水道高熱費など)の補助や所得補償といった支援を求めていく必要もあります。また、個々の事業者への直接的な支援に加えて、景気を下支えするためにも、緊急に消費税を5%に戻すことも切実に求められています。消費税5%に戻すことを求める署名を今こそ大きく広げましょう。

 

消費税はゼロへ!~3.13重税反対全国統一行動・中京区は確定申告書の集団提出行動

3月13日は、重税反対全国統一行動でした。消費税10%による景気の落ち込みに新型コロナウイルスによる自粛ムードが追い討ちを掛ける中での開催となりました。

中京区実行委員会では、新型コロナ感染防止対策の観点から、例年行なっている屋内集会とデモ行進については中止し、西ノ京児童公園に集合しての確定申告書の集団提出行動を行ないました。いくつかの支部ごとに時間をずらして集合し、5回に分けて行ないました。

中京民商の松家幸治会長があいさつ。「消費税増税と新型コロナで大変な事態。私たちはずっと消費税5%に戻せと主張してきたが、こういう状況の中、共産党やれいわ新選組以外の野党も消費税5%を言い始めた。自民党の若手からは当面消費税ゼロという提言も出てきている。直接支援と同時に消費税の減税を求めて運動を強めていこう」と訴えました。

参加者からは「新型コロナでお客が激減して途方にくれている。消費税はすぐにゼロにして欲しい」(飲食店・乾支部)という声も聞かれました。

IMG_8270

確定申告の相談は中京民商へ

確定申告は面倒ですね。中商の自営業者、フリーランスの方々は1年で1番嫌な作業なのではないでしょうか。

今年は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で所得税や消費税などの申告・納付期限が416日まで延長されました。それに伴い様々な申請届の期限も延長されています。例えば、今年は白色申告だけど来年からは青色にして特典の控除を使いたいと思っている方、期限までに申告書と一緒に届を出せば来年は青色申告にできます。様々な所得控除がありますが、青色申告の65万控除は大きいですよね。貸借対照表まできっちり作るにはパソコンで会計ソフトなどを利用すると大変便利です。簿記の知識も必要です。正しく理解するのには勉強しなくてはなりません。中京民商では毎月第3火曜日に領収書整理会を行っています(今月はお休みです!)。記帳の方法を会員どうしで集まり情報交換したり教え合ったりしています。毎月通って青色申告に挑戦した会員もいます。

申告期限は1カ月延びましたが、1ヶ月はあっという間です。確定申告を自分でしたい方、税金の計算や仕組みを知りたい方はぜひ中京民商にご相談ください。EFF17B9E-0297-42DF-BEA2-C2B29DD9327C

3月の「みんなで商売を語る会」は31日

中京民商では、奇数月の最終火曜日に「みんなで商売を語る会」を開催しています。2020年3月は、最終火曜日の31日に行ないます。

「業種の異なる人の話を聞くことは、自分と照らし合わせて勉強になる」と大好評! 今回は、新型コロナの影響はどうか、経営危機打開に何が求められるかなども、語り合いましょう! どなたでもお気軽にご参加下さい。参加費は中京民商会員は無料、それ以外の方は300円です。

飲み物や軽食を準備します。持ち寄り大歓迎です!

みんなで商売を語る会チラシ