中京税務署に申し入れ

中京民商や京建労、生健会などで構成されている3.13重税反対中京区集会実行委員会は、2月14日(金)、公正で民主的な税制を求めて中京税務署に申し入れを行いました。

中京税務署長宛の申入書を西ノ京支部の長野さんが読み上げ、中京税務署の土川総務課長が回答しました。申入れ内容の今年の確定申告について土川総務課長は「マイナンバーに関しては記載がなくても確定申告書等提出書類は受け取り、記載がないからといって不利益な扱いはしない」とはっきりと述べました。

消費税を%に引下げることや「インボイス制度」・「複数税率」制度の廃止などの税制の改善を関係機関に上申することに関して土川総務課長は「署長や国税局には報告するが、我々は税の執行機関なのでそれらの問題についてどうしていくといったコメントはできない」と述べました。

税務調査に関しては事前通知を文書で行うことを強く申し入れましたが、頑なに電話で連絡することに拘る回答でした。参加者からは「電話の相手が税務署からだと聞いただけで脈拍が上がる。動揺して何を話したかも覚えられない。文書での通知にしてほしい」との切実な訴えに土川総務課長は「そういった意見があったことを上に報告しておきます」とだけにとどまりました。

IMG_8189

コメントは受け付けていません。