西部ブロックで支部役員の交流会議

 11月14日(水)、朱五自治会館において、中京区の西部ブロックの支部役員会議が開催されました。朱一、朱三、朱五、西ノ京、朱七、朱八の6支部から15人が参加しました。
 前半は、消費税「軽減税率」・インボイス制度について、全商連作成のパンフレットと商工新聞号外を使って学習しました。「こんな複雑な制度には対応しきれない。増税中止こそ唯一の解決策」と議論しました。事務局からは、内閣官房参与・藤井聡さん(京大教授)の新著『「10%消費税が日本を破壊する』も紹介し、消費税10%反対の声が党派を超えて大きく広がっていることが報告され、増税中止・5%減税署名を徹底して集めよう、と意志統一されました。
 後半は各支部の活動の交流を行いました。役員が高齢化・固定化する中で苦労しながらも、会員どうしが顔を合わせて交流する場を作ることが大事、と様々に工夫されていることが交流されました。
 朱一支部は、先月、会員交流会を開催しました。朱一支部が新年会・総会以外に懇親会を行うのは久しぶりです。理美容業の会員さんの多い支部なので月曜日に設定しました。初めて顔を合わせる方もいて、仕事のこと、地域のことなどで盛り上がったことが報告されました。
 朱三支部副支部長の小野さんは、小規模事業者持続化補助金に挑戦して獲得した経験を語りました。これをきっかけに、経営に強い民商づくりを、と議論が深められました。
 朱八支部の村端支部長は、先月から毎月の領収書整理会をスタートさせたことを報告し、代替わりの時期にある会員さんが3人ほどいるのでしっかり応援していきたいと考えていることを語りました。

IMG_1259

広告

コメントは受け付けていません。