生かそう憲法 守ろう9条 11.3憲法集会in京都

11月3日は文化の日ですね。円山公園内にある円山野外音楽堂では「11.3憲法集会in京都」が行われます。

なぜ、文化の日なのに憲法集会なのでしょうか?

1946年(昭和21年)に日本国憲法が公布された日であり、日本国憲法が平和と文化を重視していることから、1948年(昭和23年)に公布・施行された祝日法で「文化の日」と定められたのです。

「法案を審議した参議院文化委員会の委員長を務めた山本勇造議員(作家の山本有三)は、『この日は、憲法において、如何なる國もまだやつたことのない戰爭放棄ということを宣言した重大な日でありまして、日本としては、この日は忘れ難い日なので、是非ともこの日は残したい。そうして戰爭放棄をしたということは、全く軍國主義でなくなり、又本当に平和を愛する建前から、あの宣言をしておるのでありますから、この日をそういう意味で、「自由と平和を愛し、文化をすすめる。」、そういう「文化の日」ということに我々は決めたわけなのです。』と説明している」参議院 (1948年6月18日). “第2回国会参議院文化委員会第7号”. 国会議事録 を引用しているウィキペディアより

ということだそうです。施行日を決めるのにいろいろあったようですが、文化の日にも平和を愛する思いが込められていたようですね。

11月3日はぜひ憲法集会に参加して、平和を求める声をあげましょう!

憲法集会20181103

広告

コメントは受け付けていません。