もうすぐ3月! 確定申告で悩んだら税務署に行く前に中京民商へ!

 もうすぐ2月も終わりますが、確定申告の準備は順調に進んでいるでしょうか?
 今年は、所得税は3月15日(木)、消費税は4月2日(月)が申告・納税の期限となっています。
 税法は「納付すべき税額が、納税者のする申告により確定することを原則とする」(国税通則法第16条)という申告納税制度をとっています。申告納税制度は、主権者である国民が自分の税金を自分で計算し、申告・納税する、という理念をもっています。確定申告は、今の日本の税金の集め方・使い方はこれでよいのか、主権者として考える大切な機会でもあります。
 民商では、初めての人でも、自分で納得の確定申告書を書き上げることができるように、帳簿のつけ方から所得の計算、税額の計算まで、申告・納税する立場から、みんなでサポートしています。自分で確定申告書を書き上げてこそ、税金の仕組みがよく分かり、納得の申告をすることができます。
 昨年の確定申告から申告書へのマイナンバーの記載が求められるようになった問題などについても、どのように対応すればよいか、仲間とともに学んでいます。
 また、所得税や消費税などが払いきれない場合の「納税緩和措置」の活用についても、学んでいます。
 確定申告、納税のことで困っていることがありましたら、税務署に行く前に、ぜひ中京民商にご相談下さい!

IMG_2067

広告

コメントは受け付けていません。